ピーリング石鹸の濃度

グリコール酸や乳酸などのフルーツ酸やフェノール酸、サリチル酸などが、ピーリング石鹸に使われている成分です。ピーリングの強さは、酸の濃度で決定します。20%程度のサリチル酸や20%~50%のフルーツ酸が使われているのが、エステや美容外科、皮膚科です。ピーリング石鹸の中でも家庭で使うものは1%未満~5%程度であり、週に1回から2回の使用が可能で、刺激が少なく効果は控えめだといいます。

比較的効果の強いピーリング石鹸はボディケアにも使えます。背中のにきびや二の腕のブツブツが気になる人、低刺激のピーリング石鹸では物足りなさを感じる人、脂性肌でにきびがなかなか消えない人向けです。敏感肌用に低刺激のピーリング石鹸も最近は、販売されているようで人気があります。主成分にしているのは、分子の少ないグリコール酸です。結びついている細胞と細胞を弱めるもので、角質を削り取るのではなく古い角質を剥がれやすく変化させます。

古い角質がポロポロ取れる点が魅力的な酸の強いピーリング石鹸は、にきび痕を薄くし、肌の透明感を高めることができます。皮膚がヒリヒリする、赤くなり乾燥が進んで肌が荒れる、紫外線の影響を受けやすくなるなどのデメリットがあります。脂性肌、普通肌、敏感肌など、それぞれの肌タイプに合わせてちょうどいい刺激のピーリング石鹸を選びましょう。

MTBlog50c2BetaInner

2013年7月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31