乾燥肌の仕組み

乾燥肌の仕組みを知ることで乾燥肌対策を効率よく実践できるようになります。肌がカサカサになってしまい、白く粉を吹くような乾燥肌に悩まされる人が多いようです。角質層とい肌の表面にある部分の水分が不足しているのが、乾燥肌という状態です。肌を外部の刺激や乾燥から守ることは、角質層に適度な水分が保たれていることでできるものです。



しっかりと乾燥肌対策を行うの大事なのは、まず乾燥肌の仕組みを知ることです。よく言われるのが、乾燥肌の反対は脂性肌だということですが、それはまた別問題で、油分の多い脂性肌かどうかではなく、水分が少ない状態を乾燥肌というのです。乾燥肌かつ脂性肌という人もいて、そういう場合は乾燥肌対策と脂性肌対策を共に講じなければならなくなります。



乾燥肌の対策を講じるには、乾燥肌の原因を知ることが大事です。乾燥肌の原因は大きく分けて2通りあり、先天的なものと後天的なものになります。乾燥肌で先天的なものとは、原因を取り除くような対策は生まれつきの肌質や体質のことなので立てづらいそうです。



加齢による肌の変化、紫外線の影響、生活習慣、皮膚に触れる空気の乾燥やなどが、乾燥肌の中でも後天的なものです。原因が後天的なものの場合は避けづらいものも仕事の関係や環境的な都合であるといいます。食事の見直しや正しい洗顔、睡眠時間の確保などできる範囲で改善していくことで、乾燥肌対策を講じることができるかもしれません。

MTBlog50c2BetaInner

2013年7月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31