洗顔石鹸と洗顔フォームの違い

洗顔石鹸と洗顔フォームの違いについて調べてみました。洗顔フォームには洗顔石鹸に含まれていない合成界面活性剤が含まれているのでしょうか。界面活性剤とは、油と水とが互いに混ざり合うように仲介する役目を果たしている成分のことをいいます。皮膚にこびりついている汚れのうち、油を含むものは水に溶けず、本来ならば洗い流せないため、洗顔料には界面活性剤が必要です。石油を原材料にした合成界面活性剤が使われていることが多い洗顔フォームは、環境への悪影響や肌への刺激の強さが問題になっています。



お肌にいい原材料で作った洗顔料であっても、界面活性剤が石油由来の合成界面活性剤なら、その商品は肌にいい洗顔料であるとはいえません。洗顔フォームと比べて洗顔石鹸が肌に対する負荷がかなり少ないといわれています。界面活性剤にオリーブや花から取れる自然資源やリソースだけをうまく使っている場合が多いためです。洗顔石鹸の中には、石油由来の合成界面活性剤を用いているようなものもあるといいます。



買い求める前には、どんな原材料かを確認する習慣をつけましょう。低刺激の洗顔料でなければ肌が荒れてしまうという人は合成界面活性剤は使わない方がいいですが、低刺激にこしたことはありません。石鹸によるスキンケアは、洗顔できれいな肌をキープしたいという人にとってもぴったりの商品です。

MTBlog50c2BetaInner

2013年7月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31