洗顔に向いているのは石鹸

洗顔石鹸もしくは洗顔フォームは、顔を洗うために必要な洗顔料です。洗顔石鹸と洗顔フォームを比べた時、より肌に優しいのはどちらだと思いますか。洗淨力が強く、それでいて肌が突っ張る感じがしないことが、洗顔フォームの良さだと考えている人がいるようです。



お肌への負荷が少ないのは、洗顔石鹸だとされています。いくら洗い終わったときの肌の感触が突っ張らないとはいえ、だから低刺激だということはできません。タップリとした細かな泡ができることを洗顔フォームの良さだという人もいます。細かい泡ほど肌に良い影響があるというものです。泡立ちのよさから洗顔フォームの方が洗顔石鹸より肌に優しいと考えている人が少なくないようです。それぞれの成分による肌への刺激は石鹸のほうが肌に優しいのです。



洗顔に用いるものということで両者に差はないと考える方もいますが、洗顔石鹸と洗顔フォームはそれぞれが違ったものといえるでしょう。脂肪酸カリウムと脂肪酸ナトリウム、そして金属塩を使ったもののみが厳密には石鹸です。肌への刺激を考えた場合、石鹸には含まれない合成界面活性剤を含有している洗顔フォームは、あまりいいものではありません。洗顔をする時は、できるだけ石鹸を使いましょう。

MTBlog50c2BetaInner

2013年7月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31