2012年12月アーカイブ

洗顔石鹸の選び方

sengan300.jpg

洗顔石鹸の選び方にも注意していただきたい点があります。界面活性剤以外で洗顔石鹸を買う時に注意すべきポイントはどこでしょうか。商品を選ぶ前に、自分自身の肌の状態をチェックしてください。肌の性質を踏まえた上で、洗顔料を探す必要があるためです。



乾燥しがちな肌、皮脂の分泌量が多い肌、肌のタイプは人それぞれです。時期やストレス量に応じて肌のコンディションが異なる人もいます。どれだけたくさんの人が愛用している石鹸であっても、自分にとって合わなければ効果はありません。数多くの意見はあくまで参考意見として捉え、最終的には自分の肌に合う洗顔石鹸を探すことが最重要です。洗浄力が発揮されれば洗顔石鹸の使用量は少なくてすみますし、結果として肌への負担が少なくてすみます。



洗顔石鹸の価格についても気になる点です。リーズナブルなものから驚くほど高いものまで、洗顔石鹸は販売されています。必ずしも、金額が内容に比例しているわけではありません。ですが、高い石鹸に使われている材料は、やはり高いものであることが多いといいます。



適切な方法で顔を洗うことも重要なことです。十分に吟味して、自分の肌に合う洗顔石鹸を見つけることができたとしても、洗顔方法が間違っていては肌には悪影響です。どんな洗顔のやり方が肌にいいかを踏まえた上で、肌に合う洗顔石鹸で顔を洗いましょう。

洗顔石鹸と洗顔フォームの違い

洗顔石鹸と洗顔フォームの違いについて調べてみました。洗顔フォームには洗顔石鹸に含まれていない合成界面活性剤が含まれているのでしょうか。界面活性剤とは、油と水とが互いに混ざり合うように仲介する役目を果たしている成分のことをいいます。皮膚にこびりついている汚れのうち、油を含むものは水に溶けず、本来ならば洗い流せないため、洗顔料には界面活性剤が必要です。石油を原材料にした合成界面活性剤が使われていることが多い洗顔フォームは、環境への悪影響や肌への刺激の強さが問題になっています。



お肌にいい原材料で作った洗顔料であっても、界面活性剤が石油由来の合成界面活性剤なら、その商品は肌にいい洗顔料であるとはいえません。洗顔フォームと比べて洗顔石鹸が肌に対する負荷がかなり少ないといわれています。界面活性剤にオリーブや花から取れる自然資源やリソースだけをうまく使っている場合が多いためです。洗顔石鹸の中には、石油由来の合成界面活性剤を用いているようなものもあるといいます。



買い求める前には、どんな原材料かを確認する習慣をつけましょう。低刺激の洗顔料でなければ肌が荒れてしまうという人は合成界面活性剤は使わない方がいいですが、低刺激にこしたことはありません。石鹸によるスキンケアは、洗顔できれいな肌をキープしたいという人にとってもぴったりの商品です。

洗顔に向いているのは石鹸

洗顔石鹸もしくは洗顔フォームは、顔を洗うために必要な洗顔料です。洗顔石鹸と洗顔フォームを比べた時、より肌に優しいのはどちらだと思いますか。洗淨力が強く、それでいて肌が突っ張る感じがしないことが、洗顔フォームの良さだと考えている人がいるようです。



お肌への負荷が少ないのは、洗顔石鹸だとされています。いくら洗い終わったときの肌の感触が突っ張らないとはいえ、だから低刺激だということはできません。タップリとした細かな泡ができることを洗顔フォームの良さだという人もいます。細かい泡ほど肌に良い影響があるというものです。泡立ちのよさから洗顔フォームの方が洗顔石鹸より肌に優しいと考えている人が少なくないようです。それぞれの成分による肌への刺激は石鹸のほうが肌に優しいのです。



洗顔に用いるものということで両者に差はないと考える方もいますが、洗顔石鹸と洗顔フォームはそれぞれが違ったものといえるでしょう。脂肪酸カリウムと脂肪酸ナトリウム、そして金属塩を使ったもののみが厳密には石鹸です。肌への刺激を考えた場合、石鹸には含まれない合成界面活性剤を含有している洗顔フォームは、あまりいいものではありません。洗顔をする時は、できるだけ石鹸を使いましょう。

乾燥肌対策に肌の保湿を

乾燥肌対策の基本は肌の保湿をしっかり行うことです。化粧水をたっぷりつけて、よく皮膚に浸透させてからクリームの油分でフタをするという方法がよく知られている乾燥肌のスキンケア方法です。化粧水を何となくつけて保湿クリームを何となくつけてというだけでは乾燥肌の正しい対策とは、スキンケアといってもいえないのです。目的を明確に乾燥肌を保湿するというものにし、スキンケア商品の中から肌本来の働きを助ける保湿成分を配合したものを探すと良いでしょう。

角質層という肌のうるおいを左右するところには、様々な保湿成分がもともと存在しています。水分子を包み込む細胞間脂質、アミノ酸や尿素、皮脂などで構成される天然保湿因子がその代表だといえます。保湿とは水分を補うことではなく、保湿成分を補うことといえます。乾燥肌対策には、まず保湿成分を配合したスキンケア商品を選ぶことが大事です。

化粧品の中でもおすすめは、水分を包み込む成分であるセラミド、レシチン、スフィンゴ脂質を配合したものだそうです。ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンなど水分を多く保持できるを配合した化粧品等も、乾燥肌の対策にぴったりです。化粧水や美容液が乾燥肌がひどく浸透しにくい肌質になっている人におすすめなのが、保湿パックでの対策です。パックは乾燥肌の対策に、肌を密閉して水分や保湿成分を肌の奥にまで浸透させてくれるため、最適だといえるでしょう。

乾燥肌は洗顔に注意

乾燥肌の対策では適切な洗顔をすることが大事です。肌に合わない洗顔剤を使っていたり、洗顔方法が間違っていたために乾燥肌になる人もいますので注意が必要です。乾燥肌の対策が、今まで自分で正しくできていたかをチェックしてみると良いでしょう。



乾燥肌の場合は朝の洗顔は、ぬるま湯だけでも充分ですし、洗顔は1日2回が適当だと言われているようです。落とすのは寝ている間に分泌された油分や顔についたほこりだけですから、必要ないといえるのがさほど洗浄力の強い洗顔料です。化粧よごれや1日の汚れを落とす必要のある夜は、洗顔料を使うのがおすすめです。洗顔料は皮脂汚れを落とすだけでなく、乾燥肌にとって大事にしたい本来必要な油分まで奪ってしまうことがありますので注意しましょう。



皮膚に必要な油分が失われると皮膚からの水分蒸発を食い止めるバリアがなくなってしまいます。乾燥肌対策になるのは、皮膚が特に目もとや口もとは薄く乾燥しやすいため、やさしく洗うことだといえるでしょう。優しく洗うためには、洗顔料を使う時は、きめ細かな泡をたっぷり作ってから泡で顔を包み込むようにしましょう。角質がこすりすぎるとはげて乾燥肌がひどくなってしまいますので、大事なのはそっと洗いしっかりすすぐことです。ダブル洗顔はやってはいけないのが乾燥肌対策というものです。正しい乾燥肌対策にならないばかりでなく、皮脂がなくなってしまうからです。

乾燥肌の仕組み

乾燥肌の仕組みを知ることで乾燥肌対策を効率よく実践できるようになります。肌がカサカサになってしまい、白く粉を吹くような乾燥肌に悩まされる人が多いようです。角質層とい肌の表面にある部分の水分が不足しているのが、乾燥肌という状態です。肌を外部の刺激や乾燥から守ることは、角質層に適度な水分が保たれていることでできるものです。



しっかりと乾燥肌対策を行うの大事なのは、まず乾燥肌の仕組みを知ることです。よく言われるのが、乾燥肌の反対は脂性肌だということですが、それはまた別問題で、油分の多い脂性肌かどうかではなく、水分が少ない状態を乾燥肌というのです。乾燥肌かつ脂性肌という人もいて、そういう場合は乾燥肌対策と脂性肌対策を共に講じなければならなくなります。



乾燥肌の対策を講じるには、乾燥肌の原因を知ることが大事です。乾燥肌の原因は大きく分けて2通りあり、先天的なものと後天的なものになります。乾燥肌で先天的なものとは、原因を取り除くような対策は生まれつきの肌質や体質のことなので立てづらいそうです。



加齢による肌の変化、紫外線の影響、生活習慣、皮膚に触れる空気の乾燥やなどが、乾燥肌の中でも後天的なものです。原因が後天的なものの場合は避けづらいものも仕事の関係や環境的な都合であるといいます。食事の見直しや正しい洗顔、睡眠時間の確保などできる範囲で改善していくことで、乾燥肌対策を講じることができるかもしれません。

MTBlog50c2BetaInner

2013年7月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31