メイク落としの選び方

skincare300.jpg自分に合うメイク落としを選ぶ時には、日ごろのメイクの内容や、肌タイプとの兼ね合いが重要になってくるといいます。濃いメイクをする人はジェルやミルクタイプの化粧落としでは時間が掛かるだけではありません。メイク落としを2回しなければメイク汚れがきれいにおちないということもあります。オイルタイプのメイク落としは、時間の制約がきつい人におすすめです。

乾燥肌や敏感肌の人の場合は、オイルタイプのメイク落としでは刺激が強すぎて、肌荒れを起こす可能性があります。元々肌への刺激がマイルドなジェルタイプやミルクタイプのメイク落としが、敏感肌の人などにはいいでしょう。ちょっとした刺激で荒れる肌ではないか、メイクはどのくらいしているかなどが着眼点です。メイク落としを選ぶ時に考えた方が良いのは使い勝手です。

帰りが遅い時間になりがちで、シャワーを浴びて就寝するという生活サイクルの人は、シャワー中に使えるメイク落としがおすすめです。家に帰ったらまずメイクを落とし、スキンケアをしながらリフレッシュという人もいます。クリームタイプの商品を使って、マッサージをしながらきっちりとメイクを落とすタイプのものが適しています。1日のうちいつメイクを落とすかも、メイク落とし選びではポイントになります。

メイク落としの化粧品

メイク落とし選びでは、一体何を重視すればいいのでしょうか。メイク落としの化粧品にはいろいろな種類があので、特徴を知る事が自分の肌に合った商品を選ぶコツではないでしょうか。ジェルタイプ、オイルタイプ、クリームタイプのほか、水を使わない拭き取りシートなど様々なメイク落としが販売されています。お肌があまり強くないという人は、ジェルやミルク型のメイク落としがいいでしょう。肌への刺激がマイルとでつるっとしています。

濃いメイクをしている人は、なかなか落ちにくいといったデメリットもあります。メイクの量が普段から多い人は、メイク落としの力も強いものである必要があります。オイル状のメイク落としは、洗浄力の強さには定評があると言われています。肌への負担を考えた場合、オイルタイプは強すぎる場合がありますので、継続して使う時は肌を傷めないようにしましょう。クリーム状のメイク落としは肌になじみやすいので、万人向けの化粧品と言えます。

しかし、洗い終わった後もクリームの感触が肌に残っているような気がして、洗った後がさっぱりしないという方もいるようです。メイク落としは使いやすく、水がないところでも化粧を落とすことができます。長期保存できるように防カビ剤が含まれていたりアルコールが含まれている商品も多く、肌への刺激が強いので負担が大きくなる傾向があります。肌への負荷が少なく、化粧を過不足なく落とすにはどのメイク落としがいいか、商品を選ぶ時によく考えましょう。

メイク落としと肌トラブル

化粧をする人は、メイク落としを日々利用します。メイクがきちんと落ちていないと肌トラブルの原因になったりするので、慎重に選びたい化粧品のひとつです。メイク落としをしっかりしないでおくと、どんなふうに肌は傷むでしょう。メイク汚れが残っているとにきびやしわ、肌の乾燥、色素沈着などが起きます。

ニキビはご存知のように毛穴が汚れで詰まっている所に、アクネ菌が入ることで炎症を起こして赤く腫れるものです。顔についた汚れを落とし、日中つけていたメイクもクレンジングで洗い落とすことができていれば、肌に悪影響を及ぼすものはありません。汚れ落としが十分でなかったために、ファンデーションが毛穴などについたままだと、そこからにきびができるわけです。色素沈着によるシミは、メイク落としが足りないことが原因であるということはよく聞く話です。

肌にメイクがこびりついているままでは、その部分だけ肌の老化が進行することになるため、シミができなくなってしまいます。目の周囲に濃いメイクをする人は多いですが、その分クレンジングは大変になりますので、洗い残しが老化しやすくなります。肌の老化が進行した結果、シミになってしまう訳です。1日のメイク汚れはメイク落としできちんと落とす習慣をつけましょう。

ピーリング石鹸の使い方

a0002_009249.jpg

肌の状態を観察しながら適度に行う必要が、ピーリング石鹸を使う時にはあるようです。使い方を誤れば肌に負担がかかる場合も、ピーリング石鹸に配合されている酸は弱いものとはいえあるでしょう。肌荒れの原因に肌表面のバリア機能が損なわれることで、お肌がつるつるになるからとしょっちゅう使いすぎるとあるかもしれないのです。実際にピーリング石鹸を使用するときには、クレンジング剤などでメイク汚れはあらかじめよく落とし、顔をよくぬるま湯で濡らしておきましょう。

その後、ピーリング石鹸できめ細かな泡を作り、皮膚を泡で包み込むように乗せていきます。口元や目元の皮膚は繊細なので、石鹸の泡はつけないようにします。皮膚が少しだけ間をおいてピリピリしてきたら、優しく泡を洗い流したほうが良いでしょう。こすらないように水かぬるま湯ですすぎ、顔を吸湿性のいいタオルに水分を含ませるようにして拭きましょう。普段以上に肌のバリア機能が低下しているため気をつけなければいけないのが、ピーリング石鹸を使った後です。

ほてった感じが肌に残るなら、肌が落ち着くまで冷やした美容パックや濡れタオルでクールダウンするのがおすすめです。また、化粧水をたっぷりつけて保湿し、肌をいたわってください。ピーリング石鹸使用後の肌は、特に紫外線に弱い状態ですので日焼け止めや紫外線対策グッズを活用しましょう。

ピーリング石鹸の濃度

グリコール酸や乳酸などのフルーツ酸やフェノール酸、サリチル酸などが、ピーリング石鹸に使われている成分です。ピーリングの強さは、酸の濃度で決定します。20%程度のサリチル酸や20%~50%のフルーツ酸が使われているのが、エステや美容外科、皮膚科です。ピーリング石鹸の中でも家庭で使うものは1%未満~5%程度であり、週に1回から2回の使用が可能で、刺激が少なく効果は控えめだといいます。

比較的効果の強いピーリング石鹸はボディケアにも使えます。背中のにきびや二の腕のブツブツが気になる人、低刺激のピーリング石鹸では物足りなさを感じる人、脂性肌でにきびがなかなか消えない人向けです。敏感肌用に低刺激のピーリング石鹸も最近は、販売されているようで人気があります。主成分にしているのは、分子の少ないグリコール酸です。結びついている細胞と細胞を弱めるもので、角質を削り取るのではなく古い角質を剥がれやすく変化させます。

古い角質がポロポロ取れる点が魅力的な酸の強いピーリング石鹸は、にきび痕を薄くし、肌の透明感を高めることができます。皮膚がヒリヒリする、赤くなり乾燥が進んで肌が荒れる、紫外線の影響を受けやすくなるなどのデメリットがあります。脂性肌、普通肌、敏感肌など、それぞれの肌タイプに合わせてちょうどいい刺激のピーリング石鹸を選びましょう。

ピーリング石鹸とは

どのような特徴がピーリング石鹸にはあるのでしょうか。ピーリンクというのは、エステで人気の美肌施術のひとつです。エステで人気のピーリングがピーリング石鹸を使えば自宅でできるようです。

新しい角質層を表面に出すために行うピーリングとは、皮膚表面に残っている古い角質層を除去するものです。古い角質は小じわやシミ、クマなどの原因にもなります。ピーリング石鹸はにきび予防に利用している人が多いようです。古い角質を取り除くことで、毛穴の詰まりを防ぐ効果があるためです。古い角質層がなくなったことで肌本来の色を取りもどし、見た目にも肌の色が明るくなる効果が、ピーリング石鹸を使って顔を洗うと得ることができます。

ビタミンC誘導体などの化粧水がピーリング石鹸での洗顔をした後は浸透しやすくなるので、美白ケアにはなくてはならないものです。角質を石鹸の成分が溶かしているサインが、ピーリング石鹸を使ったときに感じる肌がピリピリした感覚です。有効成分の濃度が薄い石鹸でも敏感肌の人はすぐに肌がピリピリすることがあり、肌質によって個人差があるといえるのがその感じ方です。

エステに行かなければできなかったピーリングが自宅で手軽にできるという点が、ピーリング石鹸の利点です。ピーリング石鹸はお肌への刺激が強いため、取り扱いは十分注意をする必要があります。

洗顔石鹸の選び方

sengan300.jpg

洗顔石鹸の選び方にも注意していただきたい点があります。界面活性剤以外で洗顔石鹸を買う時に注意すべきポイントはどこでしょうか。商品を選ぶ前に、自分自身の肌の状態をチェックしてください。肌の性質を踏まえた上で、洗顔料を探す必要があるためです。



乾燥しがちな肌、皮脂の分泌量が多い肌、肌のタイプは人それぞれです。時期やストレス量に応じて肌のコンディションが異なる人もいます。どれだけたくさんの人が愛用している石鹸であっても、自分にとって合わなければ効果はありません。数多くの意見はあくまで参考意見として捉え、最終的には自分の肌に合う洗顔石鹸を探すことが最重要です。洗浄力が発揮されれば洗顔石鹸の使用量は少なくてすみますし、結果として肌への負担が少なくてすみます。



洗顔石鹸の価格についても気になる点です。リーズナブルなものから驚くほど高いものまで、洗顔石鹸は販売されています。必ずしも、金額が内容に比例しているわけではありません。ですが、高い石鹸に使われている材料は、やはり高いものであることが多いといいます。



適切な方法で顔を洗うことも重要なことです。十分に吟味して、自分の肌に合う洗顔石鹸を見つけることができたとしても、洗顔方法が間違っていては肌には悪影響です。どんな洗顔のやり方が肌にいいかを踏まえた上で、肌に合う洗顔石鹸で顔を洗いましょう。

洗顔石鹸と洗顔フォームの違い

洗顔石鹸と洗顔フォームの違いについて調べてみました。洗顔フォームには洗顔石鹸に含まれていない合成界面活性剤が含まれているのでしょうか。界面活性剤とは、油と水とが互いに混ざり合うように仲介する役目を果たしている成分のことをいいます。皮膚にこびりついている汚れのうち、油を含むものは水に溶けず、本来ならば洗い流せないため、洗顔料には界面活性剤が必要です。石油を原材料にした合成界面活性剤が使われていることが多い洗顔フォームは、環境への悪影響や肌への刺激の強さが問題になっています。



お肌にいい原材料で作った洗顔料であっても、界面活性剤が石油由来の合成界面活性剤なら、その商品は肌にいい洗顔料であるとはいえません。洗顔フォームと比べて洗顔石鹸が肌に対する負荷がかなり少ないといわれています。界面活性剤にオリーブや花から取れる自然資源やリソースだけをうまく使っている場合が多いためです。洗顔石鹸の中には、石油由来の合成界面活性剤を用いているようなものもあるといいます。



買い求める前には、どんな原材料かを確認する習慣をつけましょう。低刺激の洗顔料でなければ肌が荒れてしまうという人は合成界面活性剤は使わない方がいいですが、低刺激にこしたことはありません。石鹸によるスキンケアは、洗顔できれいな肌をキープしたいという人にとってもぴったりの商品です。

洗顔に向いているのは石鹸

洗顔石鹸もしくは洗顔フォームは、顔を洗うために必要な洗顔料です。洗顔石鹸と洗顔フォームを比べた時、より肌に優しいのはどちらだと思いますか。洗淨力が強く、それでいて肌が突っ張る感じがしないことが、洗顔フォームの良さだと考えている人がいるようです。



お肌への負荷が少ないのは、洗顔石鹸だとされています。いくら洗い終わったときの肌の感触が突っ張らないとはいえ、だから低刺激だということはできません。タップリとした細かな泡ができることを洗顔フォームの良さだという人もいます。細かい泡ほど肌に良い影響があるというものです。泡立ちのよさから洗顔フォームの方が洗顔石鹸より肌に優しいと考えている人が少なくないようです。それぞれの成分による肌への刺激は石鹸のほうが肌に優しいのです。



洗顔に用いるものということで両者に差はないと考える方もいますが、洗顔石鹸と洗顔フォームはそれぞれが違ったものといえるでしょう。脂肪酸カリウムと脂肪酸ナトリウム、そして金属塩を使ったもののみが厳密には石鹸です。肌への刺激を考えた場合、石鹸には含まれない合成界面活性剤を含有している洗顔フォームは、あまりいいものではありません。洗顔をする時は、できるだけ石鹸を使いましょう。

乾燥肌対策に肌の保湿を

乾燥肌対策の基本は肌の保湿をしっかり行うことです。化粧水をたっぷりつけて、よく皮膚に浸透させてからクリームの油分でフタをするという方法がよく知られている乾燥肌のスキンケア方法です。化粧水を何となくつけて保湿クリームを何となくつけてというだけでは乾燥肌の正しい対策とは、スキンケアといってもいえないのです。目的を明確に乾燥肌を保湿するというものにし、スキンケア商品の中から肌本来の働きを助ける保湿成分を配合したものを探すと良いでしょう。

角質層という肌のうるおいを左右するところには、様々な保湿成分がもともと存在しています。水分子を包み込む細胞間脂質、アミノ酸や尿素、皮脂などで構成される天然保湿因子がその代表だといえます。保湿とは水分を補うことではなく、保湿成分を補うことといえます。乾燥肌対策には、まず保湿成分を配合したスキンケア商品を選ぶことが大事です。

化粧品の中でもおすすめは、水分を包み込む成分であるセラミド、レシチン、スフィンゴ脂質を配合したものだそうです。ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンなど水分を多く保持できるを配合した化粧品等も、乾燥肌の対策にぴったりです。化粧水や美容液が乾燥肌がひどく浸透しにくい肌質になっている人におすすめなのが、保湿パックでの対策です。パックは乾燥肌の対策に、肌を密閉して水分や保湿成分を肌の奥にまで浸透させてくれるため、最適だといえるでしょう。

MTBlog50c2BetaInner

2013年7月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31